Q.領収書を整理するというのは、どこまでですか。
A.一か月ごとに、各勘定科目ごとにお分けください。
 日付はばらばらのままで大丈夫です。

Q.現金、預金の他、売掛金、買掛金もお願いできますか。
A.はい。但し、その場合は、売上は「売上請求書」コピー、仕入は「仕入請求書」コピーを頂きます。


Q.毎月の資料の受渡しはどうするのですか。
A. なるべく、毎月、弊社宛に郵送してください。
その際に、重複致しますが、以下の資料をお送りください。
また、前月分につきましては、処理が終わり次第、ご返送致します。
なお、通帳のコピー等の複写資料はこちらで保管致しますので、返送書類は領収書、請求書などの原本書類のみになります。

1.現金の領収書
2.通帳のコピー
3.給与明細書
4.借入返済明細書
5.請求書(月次で発生主義処理を行う場合のみ)


Q.やっていただいた仕事の会計データはどのように保管していただけるのですか。
A.会計データはクラウドサーバーに保管致します。
弥生会計をお使いであれば、常に最新のデータをサーバにアクセスすることで、共有できます。
なお、弊社にて定期的にバックアップを取りますので、データの消失の心配もありません。

Q.郵送漏れがあった場合の追加の資料等のやり取りは、どのようにしますか。
A.追加資料がある場合は、メールに添付してお送りください。
PDFファイルでの添付でも構いませんし、ご面倒であれば写真を撮ってメールに添付してお送りください。

Q.入力を依頼した場合、納期はどれくらいですか。
A.最短で5営業日を目安にお考え下さい。初回につきましては初期設定などで時間がかかる場合がありますので7営業日内を目安にしてください。

Q.期の途中でも解約できますか。
A.はい。その都度ご連絡ください。

Q.決算まで1期分手をつけていない場合はどうなりますか。
A.その場合でも必要な資料を受取り、決算までに入力させていただきます。但し、決算期日1カ月を切っている場合は、通常業務との兼ね合いで業務のお引き受けを出来ない場合もありますので、なるべく早めにご相談ください。

Q.アウトソーシングする一番のメリットはなんですか。
A.従業員の雇用が不要になる点です。特に間接部門について、中小企業がその為だけの人材を雇用として確保するメリットはほとんど考えられません。
✓経理事務で求人を出しても経理のプロとは程遠い人材しかいない。
✓経理のプロに格安価格にて貴社の経理を任せることが出来る。
✓中小企業に経理総務関係業務で正規雇用をしても毎日仕事がないため、手待ち時間でも人件費が発生する。
✓コアメンバーだけの筋肉質な会社運営を可能にできる。

などなど・・・