弊社の特徴の一つとして低価格でのサービスの提供があります。

一方、同様のサービスを激安価格にて提供する事業所も増えてきています。特に、税理士事務所がなぜか参入しているケースがここ数年増加傾向にありますが、じっくりと中身を比較して頂ければ、全く安くないことがわかります。
記帳代行サービスも税理士事務所の業界で大流行した「会社設立手数料0円」と同じく、非常に巧妙に出来た見た目は安く、実際は高額というビジネスモデルとして浸透してきています。
ホームページのトップに「記帳代行月額1500円」などと書かれたホームページをよく見かけますが、当然1500円しか請求が来ないということは絶対にありえません。なぜなら、1500円での業務範囲は、仕訳数30仕訳までなどという、普通に会社をやっていれば絶対にありえない処理数が上限になっています。また出納帳はお客様で作成することになっていますので、実際に税理士事務所側で行う処理はお客様が作成した出納帳データを会計ソフトに取り込むだけです。数分の作業です。つまりお客様にすべて作業させておいて、なぜか報酬だけは頂戴しますという体系になっています。
もう一つの特徴は料金設計の仕訳数に、例えば100仕訳から200仕訳までは20000円などというように業務に幅を持たせている点です。200仕訳であれば仕訳あたりの単価は100円ですが、100仕訳であれば単価は200円となり、実質的に2倍の報酬の差が出てきます。
もうひとつ、通常のビジネスの報酬設計ではボリュームが大きくなれば、その分のスケールメリットとして、1仕訳あたりの単価は下がっていきますが、税理士事務所が行う記帳代行サービスのなかには、なぜかボリュームが大きくなるにしたがって、1仕訳あたりの単価を引き上げている事務所もあります。
その他、様々なオプションを付けるなど、兎に角最終的な請求額を高額にする仕組みが出来上がっています。

大阪経理事務代行センターの特徴
✓仕訳数に応じた料金設計
✓ボリュームが大きくなるにしたがって1仕訳当たりの単価が下がる
✓余計なオプションはつけない